世界遺産の街グアナファト!

この町を走ると驚くのが、町の地下にトンネルが張り巡らされている!
この町も鉱物を取っていたみたいだが、その鉱道をそのまま道にした様なトンネルが沢山ある。
歩いて入る事も出来るが空気は悪い。
まず町を一望出来るピピラの丘へ!

あそこ行ってあそこ行こうとチェックする。

サンドイッチ180円
町はカラフルでお洒落だ。

イダルゴ市場へ。

 

昔駅だった建物をそのまま使っている。
中心部のラウニオン公園には、カフェがあり音楽隊が生演奏をしている。

外から音楽を聞く。
陽気なメキシカンミュージックと中世のヨーロッパのクラシックなミュージックが合わさった様な感じ。
初めて聞く曲調だ。
聞いていてとても気持ちがいい!

汚たい目の白髪のおじさんがその前で踊っていた。
日本だったらみんな近寄らない様なおじさんだろう。

すると、おばさんが一緒に踊りましょ!と手を取っていた。
なんだか、そのノリの良さと優しさに周りの人達も笑顔になり盛り上がる。
いいもの見れた!とほっこり。

 

中世のヨーロッパの雰囲気がある。
この町の建物は山の斜面を有効に使うためにひしめき合う様に建てられていて、通路が狭い。
バルコニーから恋人達がキスも出来たという例えから、
口づけの小道という場所がある。
そんなリア充スポットわざわざ行くわけ無いでしょ!
しかし、公園ではイチャイチャするカップル達がいた。

若い奴らはイラっとする。(特にエロい男の顔)←ただの妬み

しかし、おじさんとおばさんは、なんだがいいなぁと思う。
こんな歳にもなって仲が良いって
YESフォーリンラブ♡

さて、ここでラブストーリーでも話そうか。(ただのチクり)
同じドミにいたカナダ人が、僕と共通の友達が2人いた。

寝起きの僕たち左利き寄り目。
話を聞いていると、A君とYちゃんと一緒に旅をした事があるみたい。
Yちゃんとは3週間も2人旅をしていた話をしてくれる。
しかし、当時A君はYちゃんの事が好きだったはず。
A君(キューバで再会予定)に聞いてみると
マレーシアであったやつ
彼と私とYちゃん、3人で一緒のテントで寝ました。
彼は早々に寝て…
私とYちゃんは…

なんだなんだ?
その怪しげな話わ!
三角テントの中で揺れる男のハート駆け引き…
果たして何が行われていたのだろう。
いやぁーモッコリしますなぁ♡
精神年齢小学生の僕は、嬉しそうにチクる。←悪い子
あの時、A君はYちゃんの事好きやってんでー!!
へっへー
君は、Yちゃんと付き合ってたのか?の質問には濁されて答えなかったです。
結果は、
Yちゃんはもう別の方と結婚された。
なので、こんな話掘り返したら怒られそう…。笑
独身世界放浪中の我々は、昔の思い出を妄想するしか癒やしが無いのだ。
妄想させてくれ!!

彼は車旅、僕はバイク旅。
カナダのバイク屋で働いてたみたいで、色々教えてくれました!
カナダのワーホリビザ持ってるし、もしかしたら旅終わったらカナダで働くかも!
そんな彼は、同じ時期に日本で働くみたいです!
誰か仕事斡旋してやって下さい!
出来る事は英語とバイクの営業。みたいです。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村