最終地コルカタへ!

ブッダガヤからコルカタへ、これでインド旅の終着地です。

乗り合いリキシャで駅へ行きます。(50ルピー)
どうせ電車遅れてくるだろうなぁと思ってたが、
着いた時点で5時間遅れ。
ここで5時間も待てないわ。どうしよう

とりあえず、荷物を預けれる所があったので重荷から解放される。
町散歩。


乾期で川は干からびてる。

橋の下はゴミだらけ。
水に流せばいいという言葉があるが、インドでもその考えなんだろう。
ガンジス川も行き先は、バングラデシュの海に着く。
バングラデシュは、インドからの汚水が流れてくるし、インドより人口密度高いしもっとカオスだろうなぁ。

この壁全部ウンコ!
乾かして肥料にでもするんだと思う。

一見栗みたいに見えるが、ゴマまんじゅう。まぁまぁまいう。

なんかパレードやってた。
クラクション半端なくうるさい。
セミの鳴き声の10倍デシベル

ふてこい王様。
さて、電車は結局8時間遅れて到着しました。
このままいったら夜中の中途半端な時間に着いちゃう。
どうせなら、もっと遅れて電車の中で寝たい。
と思っていたが、こんな時に限って期待はずれの予定より1時間早く到着。

夜中3時10分って1番眠いしどこも行けない時間帯。
明るくなるまでホームで寝る事にした。
皆んな寝てるし大丈夫だろうと、
リュックを枕にして寝袋に入ります。

しかし、何やら騒がしい
明らかにホームレスのおっちゃんが警察にビンタされて引っ張り出されていた。
1時間くらいしてようやく寝れたらと思ったら、
僕の顔を覗き込む様にウンコ座りしてる人がいる。
そして何やら話しかけてくる。
うっせーな。寝てるの分かりません?
無視してもしつこい。
食べるものくれとうるさい。
あーもう。全く寝れん。
結局、こんなところでは外国人が寝れないのが分かった。

市内へバスで行く
朝一だから空いてる。
ホテル探しをするが、クリスマスだからかどこも空いてない。
それに、コルカタは値段も高い。
インド人が泊まるドミトリーだったら空いてるがそれだけは避けたい。
2時間20件以上探し回ってやっとクソ汚いベッドカチカチの個室の宿見つけた。
ホテル 名前忘れた 500ルピー

コルカタにはマザーテレサが亡くなるまで働いていたマザーハウスがあります。
ここで全て名言は生まれました。
ボランティアも出来るみたいだが、時間が無いので手を合わせるだけ。

アーメン。
また、本読みたいと思います。

町はクリスマスモードです。
リア充たちが騒いでる。

僕は1人でケンタッキー食べて、スタバでフラペチーノ飲んでリア充しました!
あー今年も寂しぃっ…。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村