スピリチュアルな精神世界の話!

シャーマンのミカエラと薬剤師さん。
薬剤師は、ジャングルへ行って植物を集めて調合する。
教科書で学べるものではなく、経験が全ての仕事だ。
長年この世界にいても全ての植物は分からないみたい。
それもそうだろう、地球上にある木の数は、宇宙にある星の数より多いなんて事を聞いた事がある。
植物の世界は無限なのだろう。

彼がマルコス、今アヤワスカを作っているみたい。
彼は、22歳らしいがオーラがある。
有名なシャーマンの血を継いでるみたい。
まだ、シャーマンになるには修行が足りないみたいだが、ほとんどの事は分かって
るみたい。
基本的に、薬を作るのが仕事。
彼が、現代と伝統医療の架け橋となる人みたいで、どっちサイドも理解している。
英語も喋れるしホント何者なんだと思う。
アヤワスカは秘薬みたいなイメージがあったが結構オープンで聞けば何でも答えてくれる。

このツルが主成分で後は3種類くらいの葉っぱを混ぜる。
飲むヨーグルトくらいの硬さになるまで2〜3日煮込むみたい。

アヤワスカは、ここプカルパとハワイにあるらしい。
ハワイは聞いた事なかった。
イキトスでもセレモニーはやっているが、アマゾンの源流でしか作れないみたい。
ここで作った薬を送っているみたい。
それだけではなく、アメリカやヨーロッパに輸出もしているとか。1キロ400ドル

昨日は、かなりハードなセレモニーだったみたい。
いつもは3時間くらいで終わるみたいだが5時間くらいあったらしい。
彼は、みんなの悪いものを吸い取ってくれる。
だから、翌日吐き出さないといけなくて、吐き出す薬を作っていた。
水を大量に飲んで吐き出す浄化作業をするのは結構大変みたいだ。
人の毒を受け取ってくれるなんて大変な仕事だなぁ。

昨日、僕に何か見えましたか?と聞くと
ああ!はっきり見えた。と言う。
炎の様な赤いオーラが出ている!
強いエネルギーがあるのだとか。
それは、良いものなのか悪いものなのか彼にもはっきり何か分からないみたい。
でも、セレモニーを行っていくうちに見えてくるのだとか。
セレモニーは最低3回はやった方がいいらしい。
初めは悪いものを吐き出させる浄化作業。
いいエネルギーか悪いエネルギーか分からないが、
セレモニーで毒を吐き出させる事が大事みたい。
ちなみに僕は大の健康優良児だ。
いっぱい動いていっぱい食べていっぱい出る。
早く寝てよく寝れて早く起きる。
タバコもお酒も苦手だし。
とにかく健康なのだ。
ただ一つ悩み事がある。
それを彼に聞きたかった。
僕は、疲れたり不安だったりストレスがたまると寝てる時に、歯ぎしりをするみたい。自分では分からない。
色々と一人で歯を食いしばって耐えて生きてきたせいか、そのクセが無意識の夢の中で出てしまうのだと思う。
それをマルコスと薬剤師さんに聞いてみた。
すると、面白い答えが。
男のチャクラエネルギーが悪さをしている!のだとか。
それは否定出来ないな。
長い長い1人旅してたら
チャクラがパンパンなんですよ。
もう…
でもそれで、歯ぎしりすんの?
真実は定かでは無い。

とにかく悪いエネルギーを出さないといけないみたい。
どうすればいいの?と聞いてみると
真面目な答えで、セレモニーで毒を出す。
それとも、薬草サウナもいいみたい。
寝る前にマパチョの煙で自分とテントを包めば悪いエネルギーも寄ってこない。
彼の従兄弟はこれで治ったみたい。
まぁ、今後役には立たない答えだな。

今日は、日本人みんなでサンフランシスコというシャーマンが多く住んでいる村へ行くみたいなので、ついていきます。
ここに住んでる2人はnative soonというホームページを立ち上げで、アヤワスカだけでなく伝統医療の事を発信しています。
彼らのおかげで色々と日本語で教えてもらって理解が深まった。
とはいえ僕にはまだまだ表面に見えるもしか見えない。
スピリチュアルな側面もあるがこの道を理解して極めていくと、色々な事が繋がっていくのだと言うように聞いた。
例えば、アヤワスカを知ることで植物に対して崇拝する様になる、そして森林保護活動にも繋がる。
自然と自分達は繋がっていて、それをアヤワスカで体験出来る。
アヤワスカを体験した事ない人はなんのこっちゃ?だが、今は何となく理解出来る。

目に見えない力は存在する。というのは僕が最も興味ある分野。
オーラとか気功とか覇気とか
目には見えないが、人によっては恐ろしいくらい力を持った人がいる。
脳や記憶のメカニズムも現代の科学では分からない。
脳細胞神経は再生しないらしいが、アヤワスカの医療では再生するなんてのも聞いた。
もし科学で証明出来たとしても、同じ事は出来ないだろう。
シャーマン達は、何年もの修行を経て感覚を得て出来る医療。
感覚というのは証明は出来ない。
目に見えない力があるのは間違い無いのだ。
アヤワスカを続けていくと色々と学べそうだ。
だけど、深追いすると先に進めなくなるのでまたのご縁としよう。
と言うより単純に値段が高い、そして精神力が追いつかない。
でも、3回くらいセレモニー受けても良かったなぁ。。

さて、サンフランシスコに行くわけだがボートでしか行けなかったらしいが、
今は道が出来たみたい。
タクシーで行く。

この村の建物には、模様が描かれている。

イーダという可愛いおばちゃん。
彼女もシャーマンみたいだ。赤ちゃんの頃からミルクにアヤワスカ混ぜて飲んでいたみたい。
彼女の手芸品を買いに来た。
クオリティーがめちゃくちゃいい。
全部手作りで数百点もの布を見せてもらった。

僕には見えなかったが、セレモニーではこの様な幾何学模様が見えるみたいだ。
ベテランシャーマンは、この模様の形を見て何かを知るみたいだ。
僕は小物を購入。

今回、アヤワスカを体験して何か分からなかった事など、なんとなく理解出来た。
僕は映画が好きなんで映画で例えると、大ヒット映画には何かスピリチュアルなところがある。

もものけ姫    もものけと人間の自然破壊の闘争
千と千尋の神隠し 毒を吐くというシーン
アバター   森の先住民の生命エネルギーが大自然の中を循環してゆくという考え
君の名は。    夢の中で入れ代わる世界
など

あれはこういう事だったのか!とか何か繋がるものがあった。
例えば、宮崎駿監督の言葉とか精神世界に繋がっているなと思った。
たぶん彼、アヤワスカ飲んだ事あるんじゃないかと思う。
「呪われた夢」
今の人類の夢というのは、みんなどこか美しくも呪われている。
アニメーションも映画も同じで、多くはくだらないものだと。
どんなに善と思ってやったところで時代の風化の中で叩きになる。
あんなに素晴らしい作品を残しておいて、そういう一見ネガティブな言葉が出てくる意味が分からなかった。
だから、とても引っかかったしよく考える言葉だった。
この世界は、全て光と影がある。
もの作りも、システム開発も、エネルギー開発も、国際協力とかもそう
どんなに善と思ってやった事でも全ては呪われた夢なのかもしれない。
贅沢な消費もそう。
自分が持っているケータイ電話の原料の利権争いで、どこかの国で人が死んでいるかもしれない。
幸せの象徴のダイアモンドで誰かが不幸になっているかもしれない。
自分の家を作るのに、多くの森林を破壊しているかもしれない。
今使っている車や電気が沢山のCO2を出しているかもしれない。
じゃあ、何をどうしてどう生きればいいのか?
森と共に生きているシピポ族やシャーマンの人達は、自然や植物に対しての崇拝がある。
それは、自然の循環の中で自然に生きて行くという事、それが最も美しく通った答えなのかなと思いました。
以上、ちょっと難しい考察でした。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村