#34 Angolan Jose

 

 

It was not easy to get Angola visa and access is bad so there were not many tourists.
But, there were many grand view spots.
Angola was in a geographically important place. In the rainy season, it made a river towards the surrounding country.
It seems that the Victoria Falls will also flow from Angola.
Karandura’s waterfall is the second largest after Victoria fall in Africa.
The town of Bibala.
In this area, I often saw ethnic minorities.
It seemed to called Mukubaru.
A male has a cloth wrapped around his waist and having a stick.
The woman was wearing a thin strap with topless.
This country was just as my image of Africa. It was an interesting country that driving on a motorcycle and had many grant views.
When I was driving through the streets of Lubango town, A rider followed me and I spoke to him.
He was a white guy, so I thought he was a foreigner.but actually, he was born and grew up this town.
He invited me ‘Come home and drink coffee! ‘
His name is Jose. I felt he was a stern aura.  But, He was a cute gap which said himself to “Mee”.
There was military specification Land cruiser! and a trace of the bullet was left.
He said during the war, The bullet grazed his ear and a friend was shot dead on the back seat.
He was the special forces of Angola army.He retired now, but sometimes he was doing a special forces instructor for a while.
He showed the picture of the training and explained it.
This is torture training that blindfolds and hits in a state where limbs are tied up.
Another picture
endure spiritual training that ‘Do not eat or drink for 4 days.’
He said, ”It bad smell because they can not go to the bathroom, this is Mee was thought!”
He showed me an interesting weapon that throwing the knife as Japanese, nunchakus, AK-47,  which was placed in the car.
He said he learned self-defense from Japanese teachers as he was learning karate.
He something told seriously, but he was too crazy and funny!
He taught me how to use the gun AK-47!
Single shot, multiple shots, mechanism of triggering, how to shoot bullets.
Wow ~ that’s how to works it.
Understanding of the scene of the movie.
Angola had been a conflict before 20 years ago.
He told me that that said ethnic conflict but actually there happened a resource conflict as a same cause of Congo conflict.
This country can take anything such as petroleum, natural gas, copper, diamond, zinc, alkali, gold, iron, silicon, uranium.
I think that there was an entanglement such as the route of obtaining weapons.
Even if developed countries provide weapons, they would not be a conflict.
There were many countries where it was convenient to tailor it as an ethnic conflict.
Tens of thousands of people were deceived at the top of several countries and used.
That was the mechanism of conflict in Africa.
It was deceiving most of the soldier into believing that as ethnic conflict.
When He was a child, he bored to go to church on Sunday and he ask his grandmother about this.
“God is not in the church, where is God?”
The grandmother said
“God is in your heart, when you do good things, when you do bad things, Got speak in your heart”
I thought If God is in each person. Everybody has different.
So there were lots of Gods in this world.

 

アンゴラはビザが取りにくいのと、アクセスが悪い為観光客はほぼいない。
だけど、絶景スポットがかなり多い。
アンゴラは、地理的に重要な場所にあって雨季に降った雨が周辺国に向かって川を作る。
ビクトリアの滝もアンゴラから流れてくるらしい。
カランドゥラの滝は、アフリカの中でビクトリアに次ぐ大きさらしい。
ビバラの町。
この辺りでは、少数民族をよく見かける。
ムクバル族と言うらしい。
男性は、腰に布巻いて棒を持っている。
女性は、ブラジャーならぬヒモブラをつけている。
本当にヒモで、ギリギリ乳首を隠している人もいれば、
はみ出て揺れない為のバンドになっている人もいる。
バイクで走っていて見所も多いし面白い国だった。
ルバンゴの街中を走っていたら、すれ違ったライダーが追いかけてきて話しかけてきた。
白人なんで、てっきり仕事かなんかで来てるのかなと思ったが、
ルバンゴ生まれのルバンゴ育ちのアンゴラ人!
家に来てコーヒーでも飲んで行け!と誘っていただいたんで行きました。
名前はジョゼさん。只者ではないオーラだと感じたが、話していてやっぱり只者では無かった。ただ、自分の事を「ミー」と言う可愛いさのギャップがまたいいオヤジ味を出している。
軍仕様のラウンドクルーザー!
銃弾の後もある。
戦争時、ジョゼさんの耳をかすめて後ろにいた仲間に当たって死んだらしい。
彼はアンゴラ軍の特殊部隊にいたらしい。
今は、リタイアしてるがちょっと前まで特殊部隊の教官もやっていた。
その訓練の様子を、写真を見せながら説明してくれる。
目隠しして手足を縛られた状態で殴られる拷問訓練。
4日間飲食しないで耐える精神修行らしい。
「トイレいけないから臭いんだぜ。これは、ミーが考えた!」と言う。
そのほかは、戦車のキャタピラの間を人が寝てその上をすり抜ける訓練。
車に積んでいる、シュリケンなどを見せてくれる。
空手を習っていたみたいで日本人の先生に護身術を学んだとも言う。
なんか、真面目に話してくれるんだが、クレイジーすぎて面白い!!
ライフルやリボルバー、AK-47を見せてくれて、
使い方まで教えてくれた!
単発、連発、引き金の仕組み、弾の出し方。
へぇ~そういう仕組みなのね。
映画のシーンの理解が深まった。
パパママも凄くいい人でポルトガル料理ご馳走してくれたり、家にも泊めさせてくれました!
アンゴラは、20年前まで紛争をしていた。その訳は民族紛争だと言うが実際はコンゴ同様に資源争いでは無いかと思う。
この国には、石油、天然ガス、銅、ダイヤモンド、亜鉛、アルミニウム、金、鉄、シリコン、ウランなど何でも取れる。
その資源を差し置いて民族紛争だと言うのにはきっと、武器の入手ルートなどの絡みがあると思う。
先進国が、武器を提供しなければ紛争にならないのに。
ポルトガルが去った後の政権利権争いに民族紛争だと仕立てれば都合のいい国は沢山ある。
数人の国のトップに数万人が騙されて利用される。
これがアフリカの紛争の仕組みだよ。
彼ら軍人も民族紛争だったと言い張る。1番利用されているのが、軍人だろう。
ジョゼさんが子供の時、日曜教会に行くのが退屈でお婆ちゃんにこう聞いたらしい。
「神様は、教会にはいないじゃないか。どこにいるの?」
お婆ちゃんはこう答えた。
「神様は、あなたの心の中にいるの。いい事する時、悪い事する時、心の中で語りかけるでしょ。」
神様は人の中にいるとしたら、人それぞれ。だから世の中には沢山の神様がいるのだと思った。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村