#14 Armenian girl

 

The scene changed a lot from Iran to Armenia. The townscape had atmosphere of the former the Soviet Union,
Alcohol was sold at the supermarket, and women were not covering their heads with a hijab.
Many women were stylish and beautiful when I looked around in the capital Yerevan.
I had heard that Armenian women are beautiful, and the rumor proved to be true.
The location of Armenia is between Asia and Europe, Russia and the Middle East, so there  may be a lot of mixed people.
I went to a Japanese restaurant with another Japanese tourist who I had met at a guesthouse.  I noticed an Armenian girl who was sitting in the next seat.
Her hair was pink and wore cosplay clothes like a Japanese animation character. If a Japanese girl wore the same dress, they would look strange . But it suited her very much and she looked good.
She studied silently, I looked into her notebook and Japanese was written.
We spoke to her.
Amazingly, she could speak Japanese.
We gave her barrage of questions.
She told us ‘I like Japanese anime like Sailor Moon so Im studying Japanese.’
Apparently, she got engaged to a Japanese guy.
She was 22 years old, and he was 24 years old, but they meet each other just three months ago.
We said  ‘it would be better if you take more time.’
My friend was advising her as a Japanese, but I was just jealous.

She told us an interesting story.
She was born in Iran which is Armenian residential area.
There was terrible history of domestic genocide 100 years ago, and many Armenians fled to neighbouring countries.
In Iran, there were religious problems for Christian Armenians.
Women have to hide their hair according to Iranian law.
Also, there was racial discrimination against Armenian people.
But when she came to live in Armenia ten years ago, she felt discriminated because she came from Iran.
People called her ‘ Persian’.
She told us a story that did not fit her looks.
Although Armenia became independent from the Soviet Union in 1991, they were in war with Azerbaijan, and relations with Turkey, Georgia, and Russia were very bad. People lived in this small country with many hardships.
I thought she might have dreams of going to Japan, a peaceful country without discrimination.

 

 

イランからアルメニアに入ると雰囲気が大きく変わる。街は旧ソビエト圏でロシアの雰囲気があり、スーパーでお酒は売ってるし、女性は黒いヒジャブで頭を覆っていない。
首都エレバンを歩いていると女性は皆オシャレで美人な人が多い。
アルメニアは、美人が多いと聞いたことがあるが本当だった。恐らく、アジアとヨーロッパとロシアと中東に挟まれた位置にあるので、ハーフが多いのかもしれない。

日本人のツーリストに会ったので日本人レストランに行った。
隣の席にいたアルメニアの女の子が気になった。
髪はピンクでコスプレの服、日本のアニメの様。
日本人だと変な人に見えるが彼女はすごく可愛い。
黙々と勉強しているので彼女のノートを覗いてみると日本語が書かれていた。
話しかけてみると、彼女は日本語が喋れる。
だから友達と2人で質問攻めをしてしまう。
日本のアニメ、セーラームーンが好きで日本を好きになって勉強してるみたい。
どうやら、日本人の婚約者がいる様だ。
歳は彼が24歳で彼女が22歳、付き合ってまだ3ヶ月だとか。
友達と2人で、もうちょっと考えた方がいいという。
友達は、日本人としてのアドバイスとしていってるが、私はただの妬みである。羨ましい日本人がいるものだ。

彼女が興味深い話をしてくれる。
彼女が生まれたのは、イラン。イランのアルメニア人居住区に住んでいたらしい。
アルメニアは100年前に国内の大量虐殺があり、たくさんのアルメニア人が周辺国に逃れていった歴史がある。
イランではクリスチャンのアルメニア人にとって宗教上の問題がある。
イランの法律に合わせて髪を隠さないといけない。
それに、アルメニア人だという差別があったらしい。
だがしかし、彼女が中学生になってアルメニアに住む様になった時、
ペルシャ人だと差別を受けたらしい。
見た目に合わない話をしてくれる。
1991年にソ連崩壊によって独立したが、アゼルバイジャンとの戦争があり、トルコ、ジョージア、ロシアとの関係も良くない。
この小さな国に住む人たちは多くの苦難があったのだろう。
恐らく彼女は、差別もなく平和な国の日本に行くことを夢見ているんだろう。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村