#20 Bunch Rich French

I thought that in Europe I could cross the border without getting my passport checked. The border in my image was without buildings.
Actually, the countries are separated with mountains. I had to cross a mountain from Italy to France. However, the temperature in the mountain seemed to be minus 15 degrees Celsius, so I had to go through a high toll tunnel. and there were check points to crackdown on
Well, the reason for going to France was to meet friends. I went from my Italian friend’s house to French friend’s house. It would very enjoyable if there were friends all over the world.
A couple named Sam and Alex. They seemed to know my Italian friends but they are not very close.
Italy and France seemed to have a rivalry heart. It was something similar to the relationship between Japan and China and Korea.

When I meet Sam there, she greeted me with a kiss. A greeting in Europe, when a person meet someone, would kiss each other on the cheeks 1 to 4 times. So-called social kiss.
I felt very nervous for a shy Japanese.
French greetings are intimate and friendly
Alex’s father was the mayor of this town. One day, when I met him on the way, I said a French word that I knew ‘cava? (How are you?)’. Then I felt strange vibes from guys he was with.
I learnt later that I need to use honorific words in French rather than frank words like in English. That custom was the same in Japan.
I failed and I studied greetings properly later.
After that, I was invited to his house for dinner.
The house was built across the river with a large garden like a park.
There were lazy dogs and a black cat.
They were like aristocrats.
He prepared good wine, truffle salad, the meat of baby goat with a nice sauce,
Probably the most expensive cuisine I’ve ever had.
It was very tasty, but I could not afford to enjoy dinner because I was nervous.
It was better for me to eat simple food in a camp.

I was also introduced to Sam’s family. This family was very lively. When I arrived home, powerful mom sang welcome songs for me. There was no calm atmosphere at all.
All the family gathered at the party that evening.
Sam’s mom was divorced and had a child with both husbands. It looked like a very complicated relationship, but the whole family was on good terms. I was surprised that Sam’s father and the new father were together at this place.
It would be very strange in Japan, but I thought they must have accepted each other and they are able to live happy for both children and family.
They were a very talkative family, and Mom was interested in Japanese culture and her bedroom was decorated with pictures of Japan.
There was an interesting picture of a kanji. ‘静’.
It seemed that she did not know it’s meaning which is quiet.
It was funny that the kanji had a big gap with her aura.
Perhaps, she might be quiet with her husband at night.

 

ヨーロッパはパスポートのチェック無しに国境を越えれると思っていたから、国境は何も無いイメージだった。
しかし、国境には国を隔てている山がある。イタリアからフランスへ行くには、山を越えなくてはいけなかった。しかし、山の気温はマイナス15℃らしいので、値段の高いトンネルを使わざるおえなかった。
さて、フランスの目的地は友達に会うこと。イタリアの友達の家からフランスの友達の家へ行く。世界中に友達がいると楽しみが多い。
サムとアレックスのカップル。イタリアの友達と彼らも知り合いみたいだがあまり仲が良くないみたい。イタリアとフランスにはライバル心があるみたい。日本と中国と韓国の関係にも似たものがある。

サムに会うとキスで挨拶してくれる。ヨーロッパでの挨拶は、ホッペと相手のほっぺを当てる挨拶ビゾビゾと呼ぶ。ビゾビゾはフランス語で、キスの意味。
シャイな日本人の僕にとったら恥ずかしい。
フランスの挨拶は人との距離も近くてフレンドリーでいい。
アレックスの父は、この街の町長らしい。ある日、道であった時に、知ってるフランス語でcava? (How are you?)と言った。すると、そばにいた部下達から変な空気を感じた。
あとで聞いてみると、フランス語は英語の様にフランクではなく目上の人には絶対敬語を使わなくてはいけない。その習慣は日本も同じである。
失敗したので挨拶はちゃんと勉強した。
その後、ディナーに呼んで頂いた。
破れたズボンを急いで縫い上げる。
公園みたいな広い庭に川沿いに建っている豪邸。
怠け者そうな犬と黒い猫がいる。
貴族そのままだ。
高いワインに、トリュフサラダ、バンビーの肉のソテー、などをご馳走してもらった。
おそらく今まで食べた料理で一番高いものだろう。
とても美味しかったが、緊張してしまって楽しむ余裕はなかった。
今の私には外でテント張って安いご飯を食べている方が楽しい。

サムの家族も紹介してもらった。こちらの家族はとても賑やかだ。家に着くなりパワフルママがウェルカムソングを歌ってくれる。落ち着いた雰囲気は全くない。
この日は家族全員集まってパーティーをした。
サムのママは離婚して違う男性との子供がいる。とても複雑な関係の様に見えるが、家族全員仲がいい。驚いたのが、サムの実の父と新しい父がこの場に一緒にいること。
日本ではとても奇妙な事だが、お互い認め合う心の広さは子供達にとっても家族にとっても素晴らしい事だと思った。
とてもおしゃべりで騒がしい家族だが、実はママは日本の文化に興味があって寝室は和の雰囲気にしている。写真や絵が飾ってある中に、漢字が飾ってあった。それを見て面白かった。’静’という字。彼女は意味は知らなかったらしいが、この字の意味は静かという意味。
彼女の雰囲気とのギャップが大きいのが面白かった。
もしかしたら、パパとの夜は静かなのかもしれない。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村