#18 Meet Afghan family again

 

I arrived by ferry from Turkey to Chios Island.
However, I had serious problems.
I thought that I could get the insurance for my motorcycle at the border but this was not possible with a foreign number plate, so entry was not possible.
I didn’t know what I should do.

When I was walking around the park, thinking about my motorcycle,
children waved their hands at me from a distance.
It was the Afghanistan family who I met in Cesme!
They seemed to have crossed the sea safely!!
‘I saw where the boat left yesterday, how was the boat?, Weren’t you scared?’
‘ the boat was packed beyond 50 people, in fact, it was 60 people.
The boat leaked water with the weight and I was scared. ‘
Actually, When I saw the boat, it had a seating capacity of 16.
If the waves were high, it would definitely have sunk ….
Surprisingly, he told me that the cost to ride that boat was $1200 per person.
‘I’m going to a supermarket. Do you want to come with me?’
So I went to the supermarket with two small boys and the young man who spoke English.
Even when I said ‘Please put whatever you need in the basket’
the kids didn’t say what they want, but they were looking at the Chupa chaps with wishful eyes.
We took some food and Chupa chaps to the park and ate a whole baked chicken with the family.
The story of becoming a refugee was terrible.
The dad was doing security work, but The Daesh(extremist group) took his weapon so he lost his job.
The older brother Asad, could speak English, was targeted by the Daesh and they threatened him by saying ‘You have to be a member of Daesh, if you say no, I will cut your head’
Therefore, a family meeting was held.
The dad said, ‘you should escape from this country.’
However, he didn’t want to forsake his family, Asad said  ‘I will stay if I have to escape by myself.’
So it seemed that the whole family decided to exile to Europe and they left home that day.
Later, when he called a local friend, he was told that his family home was burned by Daesh.
They were impressive words,
When I asked, ‘Since when has the situation become dangerous in Afghanistan?’
‘War has been happening since I was born, I have never experienced peace.’
I couldn’t imagine it because I grew up in peaceful Japan
If I grew up in the same environment, I would not be an honest person like him.
I walked around the town with all of them.
They took pictures with a smartphone.
A boy was looking a mannequin wearing underwear with a dirty face.
Kids like mischief. A boy was hitting a balloon with Santa on it. He tried to catch a dog and was stroking it once he had caught it.
I guessed that they were very excited in the townscape, out of the Islamic country for the first time.
While we waited for the time of their ferry, a Greek girl gave a bag to them. Inside, there were various things such as a hand mirror, a toothbrush and a flashlight.
When I met their family for the first time, they had the only blanket, but now they had eight sleeping bags from the United Nations support and various support items.
This is Europe. I also became happy with them.
I hope they arrive in Germany safely.

Well, where can I go without a motorcycle?
I tried to stay at the refugee camp but I was refused because I’m Japanese.
So I slept at the park in the cold night.

トルコからキオス島へ船を乗って着いた。だが、深刻な問題が発生する。
国境で取れると思ってたバイクの保険が外国ナンバーだから取れないという理由でバイクだけ入国出来ないのだ。
バイクは入国出来ないし、これじゃキオス島で難民生活だよ。
ここでも、トルコでも保険取れ無いし…どうしようかな~。って途方に暮れながら公園をふらふら散歩していると。
遠くで子ども達が手を振っている。
チェシメで会ったアフガニスタンの家族だ!
無事にボートで渡れたみたいだ!!
「昨日、ボート出発する所も見たよ。ボートはどうだった?怖くなかった?」
「ボートは、50人だと思ってたら実際は60人だった。
重みでどんどん水が入って来て怖かったよ。」
やっぱり50人以上乗せられたんだ。
波が高かったら間違いなく沈んでるだろな…。
「今からスーパーマーケットに行くけど一緒に行く?」
英語を話すお兄ちゃんと子供達2人連れて行く。
「要るものあったらカゴに入れてね。」と言っても遠慮するお兄ちゃん。
だけど、子供達はこれ欲しいとは言わないけど、お菓子の前で欲しそうな顔をする。
チュッパチャプスを持たせると嬉しそう!
日本の子供となんら変わらない!
チキンの丸焼きとパンとお菓子と果物をカゴにいっぱい詰めてレジに行くと、
お兄ちゃんは自分も払うよ。と言う。
いつもお腹減ってるっていう人に払わせるわけにいかんよな。
凄く謙虚で礼儀正しいお兄ちゃん。
公園に戻って、チキンの丸焼きを皆んなで突っついて食べる。
そういやまだ名前聞いてなかったな。
グルバハリ一家。下から6才、8才、9才は男の子、16才の女の子、18才のお兄ちゃんアサド君、あとお父さんお母さんの7人家族。
難民になった経緯が壮絶だった。
セキュリティの仕事をしていたお父さんは、ダエシュ(過激派組織)に武器を取られて職を失った。
それだけでは無く英語を話すお兄ちゃんが目をつけられ、「ダエシュの仲間に入れ。NOと言えばお前の首を切る。」と脅された。
お兄ちゃんは、「人を殺すような事はしたく無い。」と一時は断ってその場から逃れれたみたい。
そこで、家族会議が開かれた。
お父さんは、「お前だけでもこの国から逃げろ。」と言った。
だけどお兄ちゃんは、「自分だけ逃げるならここに居る。」と家族を見捨てる様な事はしたく無いと言う。
そこで、家族全員でヨーロッパへ亡命する事に決めたらしい。
後日、地元の友達に電話するとグルバハリ一家の家は焼かれしまった。
印象的だったのが、
「アフガニスタンではいつからこんな状況なの?」と聞いたら。
「生まれた時からずっと戦争してる。平和は今まで経験した事が無い。」と言っていた。
平和な日本で育った僕には想像もつか無い事だな…。
僕がもし同じ環境で育ったら、彼のような正直な人間になってい無いだろう。
トイレットペーパーを買う彼を見て思う。
僕は、買った事無いよな。。。
スマホで写真を撮るお姉ちゃん。
初めて見るイルミネーションにはしゃいでいる様にも見える。
難民といえども25日前までは僕らと同じ家があった人達。
カメラがあったら写真撮りたいよね。
だけど、難民がスマホ持ってる事に良くない様に思ってる人もいて。
イランでは、飯が欲しけりゃケータイよこせって言われたらしい。
イタズラ好きの子ども達。
「こらこら、壊したら買わ無いといけなくなるだろ。」と手を止めるが、
6才の子がサンタクロースの風船を嬉しそうに叩きまくる。
9才の子もスケベな顔して下着姿のマネキンを見てるし。
散歩してる犬に興味深々の子ども達。
歩いていても全然前に進ま無い!
きっと彼らには初めて見る様な街並みに、楽しくてしょうがないんだろう。
彼らのフェリーの時間まで一緒に待っていると、
20歳くらいの女の子が照れながら、
「これ、女の子に!」って袋を16才のお姉ちゃんに渡す。
嬉しそうに中を家族みんなで見る。
中には、手鏡や歯ブラシ懐中電灯など色々入っている。
ここでも、「懐中電灯いるか?」って僕に分けようとしてくれる。
ギリシャには、いい人がいるのかな。
初めて彼らの家族に会った時は、マット一つしか持ってなかったけど、今は国連支援から貰った寝袋8個と色んな支援グッズを持っている。
これが、ヨーロッパか!
僕まで嬉しい気持ちになった!
ドイツまではまだまだ遠いけど、無事に着く事を願うよ!
着いたら連絡してね。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村