#27 Survive drown boys

When I arrived at Conakry, the capital city, an African man called Ado came up and spoke to me. He is a Guinean but he was born in Senegal and grew up in France.
He looked like an educated French man but his cheerful character was Guinean.
I was too tired from hard traveling at that time, so he took me to his villa to stay.
One day, we went to a port town called Bell Air.
This is a story about when I went to the beach by myself.
From far away, naked boys of about 10 years old came to run to me. They called me “Fote ~!(foreign )”.
Black body didn’t look strange without swim pants because every part was black without a sunburn.
Their eyes were pure and white teeth looked bright with a cute smile.But, when I looked closely, everyone had an amazing willy.
We didn’t understand each other’s words but we understood each other’s conversation as same man.
Sometimes there was a high wave.
The tide was getting low when I swam in the sea,And then two children were being carried away to sea.
I thought ‘you can swim, can’t you?’But the situation looked serious.
I tried to approach them, then One boy was floating with his head above water while screaming.and another boy was sinking or floating.
I couldn’t help two boys at the same time so I helped  by swimming with one drowning boy on my back.
However, the child was not light, the The tide was strong so it was hard to swim forward.
Desperately I put my face in the sea with breaststrokes, and I could barely breathe.
I managed to swim until my feet could touch sand.
At this time, I felt anxious about the other boy drowning.
The boys shout out from far away.
“Fate ~!” and pointed the finger at the drawing boy.
“I know, I know, Give me the thing in your hand”
But they didn’t understand.
There was a child holding a block of styrene. But they didn’t understand.
So I ran to get it from them. dashed and dived into the sea.
The boy was about 50m far away from the beach and I couldn’t see well.
I was breathing hard and I was not sure if I had enough energy.
A boy followed me.
I shouted out ’Don’t come’
Somehow I arrived at the drowning boy.
He was OK. still alive.
He spat out a lot of water from his mouth and had a painful face.
If he wouldn’t float with the styrene by himself, I couldn’t help him. because my energy was  also limited.
But, in trouble, the boy immediately let it go and clung to my arm.
I couldn’t keep balance and went down.
Both our lives were in danger.
So I  forcefully shook off the boy and I looked for the styrene.
but it had been swept 5 meters away.
I made up my mind.
I caught him and swam with him on my back.
It was already beyond my limit of energy.
I desperately swam. And When I thought that my feet would almost touch the ground
but we were hit by a big wave.
My stomach was struck by the sand, but when I got up I could show my face above water.
Soon I brought the boy to the shade.
I was not sure whether he has consciousness, After a while, he coughed and spat out water. He seemed to be OK.
Boys looked worriedly and a boy tried to massage the boy’s heart.
“NoNoNoNoNo … He is okay”
A boy called me
‘Fote~’
and pointed to my stomach.
He tried to wipe my blood with his dirty clothes.
“NoNo I’m OK!”
Because I was worried about germs entering my body.
The boy seemed to have returned consciousness.
After a while, some people gathered around there, and far from being worried, they gave him a scolding.
It seemed that they shouldn’t have gone to the beach by themselves.
Anyway, I was happy to save his life after he was almost lost.

 

 

首都のコナクリに着くとフランス人のアドさんと言う人が話しかけて来た。
フランス人だか、ギニア人の親でセネガルで生まれフランスで育ったらしい。
フランス人の様に教養はあるが明るい性格はギニア人だ。
彼といると楽しいし気も使わないので疲れない。
旅で疲れ果てた僕に別荘へ連れて行ってくれて泊めてくれた。
ある日、ベルエアーという漁港の町に連れてきてもらった。
海で泳ごうと1人でビーチへ行った時の話。
すると、遠くの方からフルチンの子ども達が「フォテ~!」と叫びながらコッチへ走ってくる。
日本人みたいにお尻は真っ白とかでは無く、全身が黒からフルチンでも大して違和感無い。
だけど、子どもだがモザイクが必要なレベルだ。
「お前ら~ガキのくせにいいチンコしてるな~。」なんて言う会話は言葉は違うけれど通じ合えるのが男の子なのだ
時より高い波がくる。
海でプカプカ浮かんでると、引き潮が強くどんどん流される
そしたら、2人の子どもが沖へどんどん流されている。
こいつら泳げる?だろ?
でも、これはヤバい状況?
とりあえず近くまで寄ってみると、顔を沈めたり浮かんだりして今にも溺れそうな子と、叫びながら顔をだしている子がいる。
どうやらヤバい状況…。
2人は同時に助けれ無いので、溺れそうな子を僕の背中に乗せて泳ぐ。
だけど、子どもといえども重く、引き潮も強いし、なかなか進まない。
息継ぎするのも精一杯だが、必死に顔を出して平泳ぎした。
何とか足が着く所まで泳いだ。
この時点で、もう1人の子はもしかしたらダメかもしれないと不安が過る。
だいぶ流されてたみたいで、遠くの方で子ども達が叫んでいる。
「フォテ~!」と言いながらもう1人の子を指差す。
「分かっとるわ。その、手に持ってるもの持ってこい。」
発泡スチロールのブロックを持っている子がいた。だが、呼んでも来ない。
しょうがないので、息ハァハァ言いながら、50メートルダッシュして発泡スチロールを奪い取ってまたダッシュして海へダイブした。
子どもが1人ついてくる。
「お前は来るな。」と言うが伝わらない。
自分の体力も限界ギリギリ。
だいぶ沖へ流された子どもの所まで着くと、まだ何とか浮かんでいる。
よかった。まだ、生きてる。
口からいっぱい水を吐き出しながら、苦しそうな顔をしている。
発泡スチロールを渡して自力で浮かんでもらわないと、僕も限界なので助からない。
だけど、困った事に子どもはすぐに発泡スチロールを放してしまって、僕の腕にしがみついてくる。
さすがにバランス取れ無くて沈でしまう。
このままじゃ自分もヤバい。
しょうがないので、子どもを無理やり振り払い発泡スチロールを探した。
ダメだ。もう5メートルは流されている。
そして覚悟を決める。
自分も限界だが、自分の背中に捕まらせて泳いだ。
もう体力の限界超えている。
必死に平泳ぎした。
必死過ぎてあまり覚えて無い。
そして、もうヤバいと思った時足がついた。
だが、もう少しだ。と思った所で大きい波に襲われた。
底に叩きつけられたが、立ち上がると顔を出せる所だった。
助かった~。
泳いで来たもう1人の子に、子どもを託す。
自分もフラフラで倒れこむが、呼吸が整えば大した事は無い。
すぐに、溺れた子を影に運んだ。
意識があるかどうか分からんが、咳をして水を吐き出しているので大丈夫そう。
子供達は心配そうに見て、心臓マッサージしようとする子がいる。
「NoNoNoNoNo…大丈夫だから。」
呼吸しているんだから、安静にするのが1番だろう。
「フォテ~…お腹、血が出てる。。」
子供達が心配そうに僕を見る。
自分の服で拭こうとしてくる。
「大丈夫、大丈夫!」
かすり傷だから。そんな汚い服で吹いたら余計悪くなるし。
落ち着いた所で、子供達も安心した様子で言う。
「フォテ~。メルシー。(ありがとう)」
溺れた子も意識が戻ったみたい。
僕もやっとホッとした。
よかった~。助かってくれて。
ホントよかった~。
何だか夢でも見てたのかな~とフワフワした気持ちだった。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村