#19 Friend family in Italy

 

The cost of travel in Europe was high and it was difficult for motorcycle travel in the winter season.
So I was going to pass Europe as soon as I could and head to Africa.
I was looking forward to go to Italy because I had friends there and I like Italian character.
I had been to Venice and Milan for sightseeing but I just spent a few hours there and went to the next place.
So this time, I visited a friend in a town called Pettinengo at the foot of the Alps.
When I worked in Australia, I met a couple named Alice and Mark.
I couldn’t speak English at that time, and they taught me English and also Italian. So I could speak some greetings, figures, and jokes.
But now, they broke up and Mark had a new girlfriend already, Alice was going to work in England.
So I visited Mark, but somehow he introduced Alice’s family for me to stay with.
I was worried that I might give them some trouble but Alice’s family welcomed me warmly.
Their house was a four-story house on a hill. In Italy, there are many brick  houses, but this house was made of wood. They renovated the house to do a guesthouse. It took over ten years now. It is very beautiful and I could see the town from the balcony.
When I first met Mark and Alice, they had different auras from others and they looked like actors.
I came to this town where they grew up, It felt like the town was something out of a movie.
Alice was a very beautiful woman, and  both her mom and sister were very beautiful. Mark said ‘In this town, the air is good, food is good, water is good, so there are many beautiful women.
Mum’s home cooking was very good.
Authentic Italian cuisine was simpler than I thought. Making the most of the original taste of local ingredients and healthy dishes with not too much oils or spices.
It was fun to listen to family conversations and spending time with family.
I figured out why I liked Italians, when playing video games with Alice’s older brother.
When I was playing Mario Kart with him, he had similar reactions to the character Mario.
Mario was designed by Japanese Nintendo using Italian characters.
I played  the game when I was a child,
It reminded me of my childhood memories.
I was supposed to stay for only a few days but more than one week had passed. It was nice there but I had to move on. I was happy to have a family that I want to see someday again.

ヨーロッパは物価も高いし、今は冬のシーズンなのでバイク旅には辛い。
だから、ヨーロッパは早く通り過ぎてアフリカを目指している。
来るのが楽しみだったのがイタリア、なぜなら友達がいるから。それにイタリア人のキャラクターが好き。
ベネチアやミラノの観光地は数時間だけ散歩して通過した。
そして、アルプス山脈の麓にあるペテネンゴという街にいる友達を訪ねた。
オーストラリアのファームで働いていた時に知り合った、アリスとマルコのカップル。
イタリアはもともと私のお気に入りだったので、マルコとアリスにイタリア語を教えてもらっていた。挨拶や数字やジョークは少し話せた。
しかし、今は別れてマルコには新しい彼女がいて、アリスはイギリスへ出稼ぎに行っているとか。
だから、マルコを訪ねたのだが、なぜかアリスの家に泊めてもらうことになった。
複雑な感じだと心配していたが、アリスの家族は暖かく迎えてくれた。
丘の上にある4階建の一軒家。イタリアは、レンガ作りの家が多いが、この家は木でできている。ゲストハウスにするために10年かけて家族みんなで増築して来た。テラスから街が一望できてとても綺麗だ。
マルコとアリスにあった時、彼らは俳優みたいで他の人とは違うオーラがあった。彼らが育ったこの街に来て分かったが、この街が映画の世界の様だった。
アリスはとても美人な女性だが、ママも妹もとても美人だ。マルコは言う、空気が良くて食べ物も良くて水もいいからこの街は美人が多い。
そんなマルコもマフイア映画に出て来る様な顔なのだが、顔に合わずベジタリアンなのだ。
ママの作る料理はとても良かった。本場のイタリア料理は、思っていたよりシンプルで素材の味をそのまま生かしている。
辛くしたり油を入れたりしない、ヘルシーな料理だった。
日常の風景や家族の会話を聞いたりしているだけで面白い。まるで自分が映画の世界に入り込んでしまったのかの様な気持ちだった。
なんで私がイタリア人が好きなのかアリスの兄とテレビゲームをしている時に分かった。
彼とマリオカートで遊んでいた時、彼はマリオキャラクターと似たリアクションだった。
マリオは日本の任天堂がイタリアのキャラクターからデザインされている。
子供の時に遊んだゲームが現実の世界とリンクした瞬間だった。
数日だけ泊めてもらうはずが、もう一週間以上経ってしまった。ここにずっといたいが先に進まないといけない。またいつか会いたい家族ができて良かった。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村