#23 Difference of religious values

When I entered Mauritania after going through the Sahara Desert, the race of people were becoming mixed, Arabic and black people.
It gradually became the atmosphere of Africa.
It was a hot desert country which is without trees.
At such times, cold cola is very good, but they were selling warm ones everywhere.
We ate a sandwich at a nearby restaurant from the hotel.
The owner was Chinese and spoke English.
It looked more expensive than an ordinary restaurant. There were foreigners and some who dressed in ethnic clothes.
When I was watching football on the TV, the owner made a fuss.
Apparently the owner seemed to be scolding the local African employees.
it seemed that employees started the time for the Muslim prayer.
Meanwhile, the owner carried the dishes by himself and was angry to the employees.
He spork in French to them, but gradually started scolding in English.
“Here is not Islam, If you want to pray, discuss it with each other
I knew what he meant.
It’s mean they should pray at a different time
A guy said. “We need to pray”
As the anger of Chinese owner increased,
the owner shouted the same words.
Well then, it was the end.
“You are free, goodbye”
And the employee was fired.
It was not just a couple of minutes in time.
The owner kept shouting for about 20 minutes.
Scold in front of me, and the employee got fired.
I was not happy with this happening.
In Mauritania, it is not easy to get a job. Employees would be serious.
Owners don’t want to understand Muslims.
In Mauritania, they are strict with Muslim culture,
It is part of life for them.
Work is important, but Islam is even more important.
Problems  are arising from the fact that they can’t understand the difference in religious values of each other.
In this case, I think that the owner should carry food.
But what if this situation happened in Japan, will you understand?
For example, if a shop clerk is praying at a cashier. Can you wait?
I thought that they should make rules.
But Muslim’s first priority is to pray.
Employees dislike owners who doesn’t try to understand them.
Owners won’t understand their different values.
If people have to coexist mutually well, they have to understand each other. But I thought this was not so easy.

サハラ砂漠を超えてモーリタニアに入るとアラブ系と黒人が混ざってくる。
だんだんとアフリカの雰囲気になって来た。
木は一本も生えていない暑い砂漠の国だ。
冷えたコーラはとても美味しいのだが、売ってるコーラはどこも温い。
ホテルから近くのレストランでサンドイッチ(200円)を食べていた。
オーナーは中国人っぽくて、英語を話す。
一応、庶民的な所よりちょっと高いレストランみたいで、
外国人やちょっと金持ちそうな民族衣装を着た人がいる。
目の前にあるテレビでサッカーを見ていたら、
オーナーが騒ぎだした。
どうやら従業員を叱っているみたい。
うるさいな~。お客の前で大声で叱るなよな~。
と思いながらその様子を見ていた。
どうやら、何人かいる従業員が一斉にムスリムのお祈りタイムに入った様だ。
その間、オーナー自ら料理を運び、従業員に対し怒ったみたい。
初めはフランス語だったが、次第に下手な英語で叱っていく。
「ここは、イスラムじゃない。お祈りしたければ、従業員と話し合え。」
言っていることは分かる。
時間をずらしてしろと言う事だな。
だが、中国人オーナーの怒りは高まる一方で
従業員は一言
「we need to pray」
それに対し、またまた同じ事ばかり叫び出すオーナー。
そして、最後は
「もうお前は自由だ。さよなら。」とその従業員をその場でクビにしてしまった。
時間にして数分どころじゃない。20分くらい怒鳴り続けついたな。
目の前で叱り出すし、従業員までクビにされた。
不愉快な気持ちがいっぱいになる。
仕事が無いモーリタニアで、クビにされた従業員は大変だろうな。
これはムスリムに対する意識のすれ違いもある。
モーリタニアでは、イスラム教に対しては厳格な方で、
彼らにとっては生活の一部。
仕事も大事だが、イスラムはもっと大事なのだ。
ここでは、互いの宗教価値の違い理解が出来ていない事から生まれる問題。
この場合、僕は暇そうなオーナーが料理運べばいいと思う。
だけど、この状況を日本で起これば、理解出来るだろうか?
例えば、お店のレジで従業員がお祈りしていて待たされたら。
(こういう事はここでは良くある。)
ルールを作ればいいと思うかもしれないが。
イスラム教徒の人達はイスラムが第一ルールなのだ。
従業員は、理解のないオーナーを嫌い。
オーナーは、イスラムなんか。と思っているだろう。
ヨーロッパで起こるイスラム教との問題はこういう事から起こると思う。
互いに、良い共存が出来るには理解し合う以外に無いが、そう簡単では無いと思った。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村