#22 Eyes of money

I crossed the Gibraltar Straits by a ferry from Spain and entered the African continent.
I thought that If I enter the African continent, I would arrive in Morocco. But I arrived in a small town called Ceuta in the Spanish territory.
From that time, I headed to the southernmost point of Africa through West Africa. I couldn’t imagine what hard journey it was going to be.

Well, the second country in my African journey was Morocco. People and townscapes changed a lot compared to Europe. Therefore, my tension ran high.
Morocco has many tourist attractions with beautiful scenery
, majestic nature, and a variety of cultures.But a lot of people were after tourists for money.
People asked for money if they see a tourist and if I took pictures.
I didn’t feel good. So I don’t like tourist spots so much.
The children also ask me for money. They said ‘1 Dallaham!’
which is worth about 10 cents.But my policy is to not give money
I was interested in the worth of 1 Daraham. What can they exchange for just 1 Daraham. so I tried it at a candy store.
Even if I asked for the price, the shop guy would overcharge because I am a foreigner. S I asked children for the price.
Then, I was made to by 2 Dahlam worth of snacks for the three boys.
It was more than just giving money but I was glad that they became happy.

When I came to a town called Chaouen, a reggae-style man spoke to me. He was obviously suspicious and I knew he was after me for money.
He said ‘ I will show you around here.’
Of course, I refused, but he followed me.
I was interested in what would happen if I followed him, So I decided to follow him around town.
I thought that there was not too much risk because my valuable items were in the hotel at that time.
When we were walking in the town, his friends joined and said ‘came over for tea’
I went while thinking that this is a dangerous situation.
A big dead mouse was caught in the door of the entrance.
The room was dim. It did not feel clean.
He gave me a mint tea which is often drunk in Morocco.
My heart was thumping from thinking about what will happen
Then they introduced their mother to me and they took me into a separate room.
She seemed to be hurt and was lying down.
And she said ‘I want to go to the hospital, give me money.’
Just as I expected.
Their tone was getting sharp.
I thought that the situation would become dangerous if I stayed longer, so I left quickly.
It was common sense to not follow a strange person, but I wanted to experience what would happen if I followed.
I thought that a person who’s eyes only see money are not interest in the other person and don’t listen to what someone says. The eyes reveal everything.

 

 

スペインから船でジバルタル海峡を越えアフリカ大陸に入った。アフリカ大陸に入ったらモロッコだと思っていたが、スペイン領のセウタという小さな街に着いた。
アフリカに入ったがまだスペインだったとは知らなかった。
これから西アフリカを通ってアフリカ最南端を目指す。どんなハードな旅になるのか想像もつかない。

さて、アフリカの旅で2番目の国モロッコ。人も町並みもヨーロパと比べて大きく変わる。だから、警戒心が高くなってしまう。
この国は、観光資源に恵まれているのでツーリストが多い。
すると、お金の目をした人も多いのだ。
ツーリストを見ればお金をせびってくる人、写真を撮ってたらお金を要求してくる人。気分は良くない。だから観光地はあまり好きではないのだ。
子供までお金をくれと言ってくる。1ダラハム!10セントくらいのお金。
それでもお金は渡さないのが僕のポリーシーだ。
だが、子供が1ダラハムで何を買う事が出来るのか興味があったので、お菓子屋さんによってみた。
僕が値段を聞いても外国人だからボッタクられるはわかってる。だから、子供に値段をきく。
すると、2ダラハムのお菓子を買わせられる羽目になった。
お金あげたほうが安かった、だけど喜んでくれたからいいや。

シャウエンという街にきた時、レゲー風の男が話しかけてきた。明らかに怪しいしお金目的だとわかる。
この辺りを案内してあげると言ってくる。
もちろん断るが、いつまでもついてくる。
彼について行ったらどうなってしまうのか興味が湧いてきたので案内してもらうことにした。
僕はこの時、ホテルに貴重品は置いて手ぶらだったからあまりリスクはないと思った。
街を歩いてると、彼の友達も合流し家に来いと行って来た。
これは危ないパターンだなと思いながら行ってみる。
玄関の扉に大きなネズミが挟まって死んでいる。
部屋は、薄暗く清潔感は感じない。
モロッコでよく飲まれるミントティーを出してくれた。
僕はいつ何が起こるのかドキドキしていた。
すると、母を紹介すると言われ別室に案内される。
彼女は怪我をしたようで、寝転んでいる。
そして病院に行きたいからお金をくれという。
やっぱりそう来たか。
予想通りのパターン。これ以上いると危険だと思ったので、振り切ってさっさと撤退しました。
変な人にはついていかないというのは当たり前だが、ついて行ったらどうなるのか経験してみたかった。
お金の目や自分の利益しか考えていない人に共通することは、他人に関心がなく人の話を聞かないと言うことだ。
今日も、いい勉強になりました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村