#31 Diamond mining 

 

When I arrived at Kono, which is the stage of the film Blood Diamond,
I saw a huge mining hill far away.
When I asked people about it, they said that a South African mining company was digging diamonds.
I had been interested in diamonds industry for a long time.
One question is, how believable is the Kimberly Process which limits diamond smuggling? Aren’t the diamonds used for bad things?
Second, why is this country poor, while being endowed with diamonds and resources?
I thought that it might be possible to grasp some answers by knowing the mechanism of the diamond business.
So I tried to go to the diamond shop pretending to be a businessman.
Several big black people were sitting in the shop.
A man said ” It is rare for a Japanese to come here. Because the Japanese would be afraid of black people.”
Maybe it is.
‘ I wanna have a look at some diamonds.’
‘Just a moment, I will bring it now.’
He brought something wrapped in paper like a piece of a notebook.
Small stones were put on the desk.
It looked fake because the gemstones were not shining.
Measuring the value of the diamonds, such as 0.8 carats and 1.3 carats,
Prices would decline if I negotiated, 0.8 carats for $ 1.200 and 1.3 carats for $ 2,500.
I think it is cheap in the Japanese sense, but probably it is surely a high price.
“where did you get this stone?”
“My brother has a mining site. Do you want to see it?”
“Of course!”
And then I took the motorcycle with him to the mining site.
He guided me into deep jungle and we walked through the bush.
“How do you find diamonds?”
“The location is between mountains and mountains,
and in the rainy season, it turns into a river. Diamond is usually buried at the bottom of the river.”
First, empty the water with a pump and then dig deep underground,
The earth was stratified with changing colors and hardness.
This mud seemed to include diamonds.
They were using simple / primitive ways to dig and wash by using their own hands.
He said, “If we have a shovel car, it will be possible to get more.”
The license for digging diamonds is 500 dollars for 100m x 100m square land.
It’s similar to buying a piece of land.
When we passed another mining site, I saw a boy walking.
I asked “Is that a child? Can he get paid?”
He said, ”Children are just helping parents.”
I heard that there is child labor in the shadow of diamond business,
But in this country, most children are working and it is different from the way the developed countries perceive child labor.
When I was in Freetown,
I was spoken to a person who has a diamond mining site.
He came to talk about making a diamond business together.
Maybe he thought I am rich because I have a big motorcycle.
He didn’t say the exact amount, but he wanted me to invest.
He said ‘ If you invest in our company, you can get 45% of all diamonds.’
I don’t think the business would return more than the invested amount.
His eyes had the typical look of a lier.
We divide 45% by half and the remaining 10% will be given to the president!
Not as taxes or something, but it seemed to be a private transfer.
I though this must be true because in the office, the president’s picture was displayed.
In this country, the people at the top of the country owns the property of the country.
I don’t think the president shared the country’s property with the people,because the schools are not enough, and the people are poor.
This country will not grow because the President thinks about increasing his personal money more than the economic growth of the country.
Although this country has had conflicts in regards to the rights for the diamonds, the government has supported its disputes.
This country has millions of diamonds that are still buried, but my impression that they can not control it.
It is possible for foreigners to get the licenses to dig for diamonds
So foreign companies can mine diamonds in this country and sell it to a foreign country.
If this country can control its property, it will become a rich country similar to oil money.

ブラッドダイヤモンドの舞台にもなったコノに来ました。
町について、早速目に飛び込んでくるのが巨大な採掘場!
人に聞いてみると、南アフリカの会社がダイヤモンドを掘っているみたい。
ダイヤモンドに関しては以前から興味があった。
一つは、キャンバリープロセスは信用出来るか?ダイヤモンドがブラックな事に利用されていないか。
もう一つは、この国はダイヤモンドやオイル資源に恵まれていながら、なぜ貧しいのか?
ダイヤモンドビジネスの仕組みを知る事で何かヒントが掴めるかもしれないと思う。
という事で、ビジネスを装ってダイヤモンドショップに潜入してみた。
デカイ黒人が何人か座っている。
手短に挨拶をする。
「珍しいな、日本人か!日本人は黒人を怖がって来ないからな。」
確かにそうなのかも知れない。
「ダイヤモンドが欲しい。」と尋ねると。
「ちょっと、待ってろ。今からブツを持ってくる。」
少し待っていると、ノートの切れ端の様な紙で包んだブツを持って来た。
小さい石ころが出てくる。
何か偽物の様に見えてしょうがない。
サイズを測っていき0.8カラットと1.3カラットがなど、
値段は交渉すれば下がるが、0.8カラットで1200ドル、1.3カラットが2500ドル。
日本の感覚では安いとは思うが、きっとボッタクリ価格なんだろう。
「ところで、この石は何処で取れたもの?」
「採掘場は弟が持っている。見たいか?」
「もちろん!」という事で来ました。
茂みの中を進むとありました。
「ダイヤモンドが埋まっている所はどうやって見つけるのですか?」
「ここは山と山に囲まれている。雨季になると川になる。たいてい川底に埋まっている。」
地中深く掘ると色の違う層が出てくる。その土を掘り起こして洗うという手順らしい。
彼らは、手で掘り手で洗う原始的なやり方。
「シャベルがあればもっと沢山取れるんだが。」と言うボス。
ダイヤモンドを掘る為のライセンスは、100m×100で500ドルだとか。
ライセンスと言うか土地を購入すると言う形だな。
ここは、他の人の採掘場。
あれは砂を洗う機械。
よく見ると、子供が働いている。
「あれ、子供ですよね?彼らも給料貰っているんですか?」
「子供は親の仕事を手伝っているんだよ。」と言うボス。
ダイヤモンドビジネスの影には児童労働があるという事は聞いた事があるが、間違いでは無さそう。
だけど、この国では子供はみんな働いているし児童労働に対する先進国の捉え方とは違う。
話が違う場所にそれるが、フリータウンで出会ったダイヤモンド採掘場を持っている人に聞いた話。
ダイヤモンドビジネスを一緒にしようと話を持ちかけて来た。
バイク持っている僕はお金持ちに見えるんかな?
デカイ黒人が偉そうにたむろしているオフィスに行く。
カーテンも開けず薄暗い部屋の雰囲気はマフィア映画の様だった。
だけど、会話はちゃんとしてるし麻薬はやって無さそう。
話の要点だけまとめると、
正確な金額は言わなかったが投資をしてほしいと。
取れたダイヤモンドを鑑定に出し、その金額の45%で分けるという事。
まぁ、投資した金額以上返ってくるとは思えないけどね。
典型的なウソつきの目をしていたし。
興味ある話が出る。
45%を半々で分け残りの10%は、大統領に渡すという!
これは、税金とかではなく個人的な繋がりだともペラペラ話してくれた。
僕がスパイだったらマズイ話だと思うけどな。
大統領の写真が飾られたオフィスだからこそ、これはホントだと思う。
この国では、国のトップが国の財産を独り占めしている現実。
国民にシェアをしているかと言えば、全くしてい無い訳ではないと思うが、
病気や学校も足りてい無いうえに国民は貧しい。
国の経済成長より自分のふところマネーを増やす事を考えている大統領がダメだからこの国は成長しない。
利権争いでダイヤモンド紛争が起きた国だが、
今の利権は誰が持っていると言えば、国が持っている。
何兆円ものダイヤモンドが埋まっているこの国だが、それをコントロール出来ていない印象。
実際、ダイヤモンドを掘るライセンスは外国人でも取れる。
だから、この国の物を外国企業が掘り外国で売りさばく事が出来てしまう。
この国が全て管理しコントロールできれば、オイルマネーと同じく国の財産になるのに。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村