#36  the southernmost tip of Africa

When I enter in South Africa, the flower garden stretched as far as the eye could see at this time of year.
I came through the desert and the jungle, I felt that this landscape was celebrated to me.
It was almost there from here to the southernmost tip of Africa.
I had worried about it would be possible to get South Africa all the way.
I have come to a place where I would able to get there certainty.
The feeling was exciting, euphoria, This exhilaration! I felt the achievement already.
I couldn’t find a campsite last night and I was found wandering around in the dark.
I was helped a big guy like a bear. He seemed to teach boys camp to children.
I told him ”Today, I’ll get to the southernmost tip of Africa. It’s almost there!”,
“Where is the southernmost point, I live in here for a long time but I don’t know there.“
It’s just only 250Km to me, but I wonder it was far away to the local people and it was not a special place.
It would be the most difficult route that from Morocco to South Africa in the world.
So that’s why the sense of accomplishment of this trip felt quite satisfied.
There was no example, I say the feeling at that time.
It was like that I’m trying to climb to the summit of my life! It even makes me feel that way.
There were no friends there and nobody celebrates me there,
But it was suitable for a place that I’m self-satisfaction!
My heart kept moving!
The name of the place called Agulas!
So, I finally arrived !!
From Morocco to there 166 days in 18 countries 31751 km!
I have arrived at the southernmost tip of Africa.
The monument.
I have seen this before!
The documentary movie Long Way Down that traveled through Africa on a motorcycle at the goal point was showed this monument.
But, I felt different from what the atmosphere.
The wind was strong and the waves were high, the temperature was around 15℃ it was very cold.
Well, there was nobody.
Something different.
What is this loneliness …?
Here was the place where I had headed for.
I thought If I could get here, I imagined be bigger somebody.
And everybody recognizes me as a big person.
But, there were no friends. I had no one to talk.
But I also feel like to wanted to be alone.
I thought that the sense of accomplishment will be a feeling of exaltation up, but it changed feel lonely.
Sit on the ground and looking vacantly India sea and the Atlantic sea at the same time.
It’s not a destination, It’s about a journey.
In the process, I enjoyed this journey and had a lot of experience and learned.
Loneliness will come up when I thought the journey was ended.
I’d like to say thank you to everyone who helped me on this journey.
I got tired to completely burn out.
When I noticed it was dark already.
Tomorrow is another day.
南アフリカに入ると、花の昨シーズンなのかお花畑が広がっている。
砂漠やジャングルを通って来た僕にとってこの景色は祝福されている様に感じる。
ここから最南端までもうすぐ!!
今までずっーーーと、ホントに南アフリカに着けるんだろうか。
という不安が心の重しとなっていたが、今はもう行けるとわかっている場所まで来た。
心の開放感と菜の花畑の美しさ!
この高揚感!達成感すらもう感じてる。
もう何が何だか分からん心が震える感覚がたまらん!
昨晩キャンプ場が見つからず、夜中をさまよってた所、熊の様な大きな男の人に助けてもらった。
子供にボーイズキャンプを教えているみたい。
「今日で、ずっと目指していた最南端につくんだ!もうすぐそこだよ!」と言うと、
「最南端は、どこだ?ここにずっと住んでいるが行ったことないな。」と言う。
僕からしたら、たった250Kmくらいだけど、地元民からしたら遠いしそんなに特別な場所でもないのかなぁ。
今までこんな親切な方に何度も助けられてきた。
自分は、ホントにラッキーだったとおもう。
ありがとう!
モロッコから南アフリカなんて世界一難しいルートと言われるくらいだから、ずっと陸路で来た人もなかなか出会わない。
だからこそ、この旅の達成感はなかなか味わえるものではない。
まだ、着いてないけど、もうすぐだ!と安心出来る距離なだけに気持ちは最高潮に達している。
例えようがないが、今の気持ちを言うと、
ずっと目指していた人生の頂上へと昇り詰めようとしている!そんな気持ちにすらなる。
そこに友達がいてお祝いしてくれるわけでもないし、
報酬も入るわけでもない。
バイクもジャケットもボロボロで側から見れば、ただの汚らしいバイク乗りだ。
完全なる自己満足の最高峰とも言える場所にふさわしい、アフリカ最南端だ!
僕の心は感動しっぱなし、心がブルブル震えてるって事なんだよ!
その目指した場所の名前はアグラス!
そして、遂に辿り着きました!!
アフリカの旅は
モロッコから18カ国166日31751km!
アフリカ最南端、着いたどぉぉぉおおおおおおおおお!!!!
最南端のモニュメント。
アフリカをバイクで縦断するドキュメンタリー、Long Way Downのゴール地点で映っていたモニュメント!
だが、なんか雰囲気が思っていたのとは違う。
風が強く波が高く、気温は15℃くらいあるがとても寒い。
そして、辺りは誰も居ない。
なんか違う?!
なんだ、この寂しさは…?
ずっと目指していた場所がここにある。
ここに来れば、ひと回りもふた回りも大きくなれる自分を想像していた。
そして、チャーリーとユアンマクレガーの様に沢山の人に祝福され認められるのかなと。
だが、ここには友達なんか誰も居ない。
祝福してくれる人もいなければ、話し相手すらいない。
だけど、寂しいけど1人になりたい気持ちでもある。
さっきまであった高揚感が、達成感になると思い来や、孤独感に変わる。
座ってインド洋と大西洋を同時に見る。
モロッコからここまで、圧倒的な異世界にずっと驚きとスリルに満ち溢れ高鳴る鼓動を感じていた。
この旅が今終わろうとしている。
旅は、目的地に着く事が目的では無く、目的地を目指している過程に大きな意味がある。
自分はずっとココ、アフリカ最南端を目指して走っていたけど、
その過程、旅をしている間が楽しく旅の今が良かったんだなぁ。と今思う。
そんな、旅が終わろうとしていると思うと寂しさが込み上がって来る。
この旅で助けてくれた人に、また会ってありがとうを言いたい。
完全に燃焼された心と体にドッと疲れが出る。
気づけば辺りは、真っ暗になってしまっている。
寒かったせいか、体が震えていた。
また、明日が来るさ。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村