#9 Pamir high way

I was heading to the Pamir Mountains which is part of the Western Himalaya.
The border is 4000 meters above sea level between Tajikistan and Kyrgyz.
It was difficult to breathe here because the atmosphere was thin.
My heartbeat quickened all the time.
I drove along the dirt road in the mountain’s harsh nature.However,  the landscape was amazing.
Within the blue sky, there were a lot of clouds that looked like cotton candy.
I drove between the beautiful high mountains where there were nobody.I was very excited by the adventure road.At night time, I looked up at the stars. It was not difficult to see shooting stars and the milky way. It was as if was in space.
Of all the places I’ve ever been to, it was the most beautiful.

I passed along the Wakhan corridor which is the narrow strip of territory in northern Afghanistan between paire and Pakistan.
I drove along the border between Afghanistan which was just 100meters across the river.
Sometimes Afghan people waived their hands at me.
According to the foreign ministry, it seems that the red zone means a dangerous area. And the lowest income neighborhood in Central Asia.But I was impressed by its people.
I passed a lot of villages, People looked different from Kyrgyz, who looked more Asian.When I passed by a village, children call out to me’ Hello’.and gave me a high five.
Not only children, women and men also gave me friendly greetings.
I was very happy to be welcomed by people.
Children had sweet pure eyes. When I gave them snacks , they smiled brightly.

 

When I played volleyball with boys, one boy invited me to his house.
And then his parents gave me a room  to stay.
They took me to another house, where 7 guys sat around plenty of food called oshu.
I didn’t know whether this was a special or daily dinner but it was so nice.
I got a hearty welcome as if they have known me from before
I’m not sure why they were so friendly. I guess other foreigners gave them a helping hand. I saw a lot of signboard of JICA (Japan International Cooperation Agency). It might be that JICA built a good relationship of trust.
Reality and image is different.
The impressions that we gain from seeing with our own eyes are not reality.
In order to know the truth, we need to know each other.

 

 

 

 

西ヒマラヤにあるパミール山脈に向かっていました。国境はタジキスタンとキルギスの間の標高4000メートルある。
空気が薄かったのでここでは呼吸が困難でした。
心拍はずっと速く、山の厳しい自然の中でダート道を走った。しかし、景色は素晴らしかったです。
青い空には、綿菓子のような雲がたくさんあり、誰もいない美​​しい高山の間を走った。アドベンチャーな道がとてもエキサイティングだった。
夜には星を見上げる。流れ星や天の川を見るのは難しくなかった。そこはまるで宇宙のようだった。
これまでに行ったことのある場所の中で、最も美しい所でした。
アフガニスタン北部とタジキスタンの間にあるワハン回廊という所を走った。川の100メートル向こう側はアフガニスタン。時にはアフガニスタンの人々が僕に手を放った。
外務省によると、赤いゾーンは危険な地域を意味するようだ。
ここは、中央アジアで一番貧しい地域らしい。しかし、私はその国民に感銘を受けました。
ここの人々はアジア人顔のキリギス人とは違って見えました。
村を過ぎるたびに子供たちは僕に「Hello」と呼んでくれます。
子供だけでなく大人の男性も女性もフレンドリーでした。
人々に歓迎されている様でとても嬉しかったです。
子供は可愛い純粋な目をしていた。僕は彼らにあげた時、彼らは明るく微笑んだ。
子供たちと一緒にバレーボールをしたとき、一人の男の子が僕を家に招待してくれました。
そして、両親は僕に部屋をくれました。
彼らは僕を別の家に連れて行きました。
そこには、7人の人がオッシュと呼ばれる食べ物を囲んでいてました。
これが特別なのか毎日の夕食かどうかはわかりませんでしたが、とても豪華でした。
彼らが僕を以前から知っていたかのように心のこもった歓迎をしてくれます。
彼らがなぜとてもフレンドリーだったのか分かりません。他の外国人が彼らに援助を与えたと思う。
なぜならJICA(国際協力機構)の看板がいっぱいありました。 JICAが信頼関係を築いていたのかもしれない。
現実とイメージは異なっている。
目で見ることによって得られる印象もまた真実ではないのかもしれない。
真実を知るためには、お互いを知る必要があると思いました。

ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願いします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村